東洋医学で心身を癒す~中国鍼灸+漢方アーユルヴェーダ

悠久の東洋医学に基づき近代医療論をも踏まえた施術で身体の深部に働きかけ、難病・不妊症・美容の根本からの改善を図ります。

効能と実績を踏まえ、各種漢方アーユルヴェーダ手技で美容と癒しをお贈りします。

大阪駅前第3ビル2Fにある、”東洋鍼灸研究院 一心堂 & Ayurhome YOUBIN”。中国と日本で鍼灸医学を学び、長年クリニックや鍼灸院で臨床経験を積み、日本人の身体にも合うように独自の治療法を研究・実践する女性鍼灸師が、あなたが今、抱えておられる心身の難題の解消・軽減のお力になれます。

 

また当院長は南インドの医療施設に長期赴き、アーユルヴェーダの熟達の専門医に就き、その極意を習得履修して参りました。従来の東洋医学に基づく実績が高い評価を得ている当院はアーユルヴェーダ施術を取入れることにより、その一層の相乗効果を発揮する他には類のない画期的な治療法・施術法を提供でできる本邦唯一の施設となりました。他人には打ち明けにくい美容のお悩みや身体の苦痛など何でも気軽に安心し、相談してください。

 

”東洋鍼灸研究院 一心堂 & Ayurhome YOUBIN”は、とても話し易い益々良い環境となりました。お気軽にお越しください。

院長:于濱(ウ ヒン)

遼寧中医薬大学付属病院で臨床経験を積み高度な鍼灸技術を修得し、天津医科大学で西洋医学を学ぶ。在阪クリニック、鍼灸院などで勤務後、2012年春に東洋鍼灸研究院 一心堂開設。
SREECHITHRA AYURHOME (南インド)にてアーユルヴェーダセラピー習得・履修。2016年春、大阪駅前第3ビル移転”AYURHOME YOUBIN”併設開業。


治療メニュー

お知らせ・キャンペーン

患者さまのから続々とお喜びの声が届いています

不妊治療で大成功!

 

ご無沙汰しています。その折は大変お世話になりました。

お陰さまで11月2日、無事、女の子を出産しました。

思い返せば専門病院でづっと不妊治療続け、3年間でタイミング療法を2回、体外授精を5回受けましが全てうまくいきませんでした。

もう諦めかけていた頃、親友の紹介で先生を訪ね、カウンセリングを受けてお話しをうかがい、もう一度頑張ってみようと決心しました。

それから10回ぐらい不妊鍼灸治療をして頂いた後、体外授精を受け

ました。病院の先生から着床を確認しましたと言われた時、本当に信じられないくらい嬉しかったです。

今は子育てまっ最中で、肩こり腰痛、産後肥満(笑い)で悩んでいます。少し余裕が出来たらまた伺いますので、治療だけではなく前みたいにまた色いろと相談にのってください。素直になんでも相談できる先生を頼りにしています。

本当にありがとうございました。これからも末長くよろしくお願いします。

 

美容鍼で鍼施術の直後にほうれい線が薄く

なり、フェースラインもスッキリ小顔に!

目の大きさも変わったことを実感!

 

以前から美容鍼(美容はり)には興味があったのですが…顔に鍼か〜(-。-;と思い 躊躇してました。けれども最近ほうれい線や顔のいろんなところが気になり、口コミなどをみて 勇気を出して 初めて美容鍼をやってもらいました。 終わった後に鏡で確認すると びっくりです!

リフトアップはもちろんですが、目がパッチリと大きくなっていて 一回の施術で こんなに変わるとは びっくりしすぎて思わず 笑ってしまいました^^;

 

すごく嬉しかったです。ありがとうございました。

鍼も痛くないし みんな やればいいのにと おすすめしたいです

 

たった6回の治療で髪の毛が生えて来ました!

 

円形脱毛症の治療でお世話になっています。

 

治療を重ねるうちに、脱毛部分はどこだったのかわからないくらい発毛し、以前の髪の状態に回復しました。本当にうれしかったです。

 

円形脱毛症は一旦治っても、また別の部分に新に再発することも多いと聴いていますので、原因治療のためこれからもお世話になりたいと思っています。

 

先生の鍼治療効果に信頼をおいて、続けていると本当に発毛を期待できますよ!

 

中国鍼灸適応症状

*美容関連 ほうれい線、シワ、たるみ、シミ、肝斑、くま、ニキビ/ニキビ跡、吹き出物、くすみ、むくみ、二重アゴ、リフトアップ、小顔効果、顔色悪い、乾燥肌、ダイエット、局部の痩身、豊胸(バストアップ)など
1. 神経系疾患 神経痛(坐骨神経痛、肋間神経痛、三叉神経痛帯状疱疹後神経痛)、神経麻痺(顔面神経麻痺)、痙攣(顔面痙攣)、自律神経失調症、神経症、心身症、脳卒中後遺症、頭痛/片頭痛、 不眠症、眩暈(めまい)、 肩こり、パーキンソン病、うつ病など
2. 運動器系疾患 関節炎、関節症、肩関節周囲炎(五十肩)、関節リウマチ、筋・筋膜炎(筋肉リウマチ)、頸筋強直、頸肩腕症、むち打症、捻挫、腱鞘炎、腰痛症、ぎっくり腰、すべり症、腰椎椎間板ヘルニア、頸椎椎間板ヘルニア、テニス肘、野球肩など
3. 循環器系疾患 心悸亢進(心臓神経症)、高血圧症、低血圧症
4. 消化器系疾患 口内炎、舌炎、歯痛、胃腸炎(慢性/急性胃炎、神経性胃炎、逆流性食道炎)、胃アトニー、胃下垂症、胃酸過多症、胆石症、肝機能 障害、下痢、便秘、痔疾患
5. 呼吸器系疾患 感冒、咳嗽、鼻炎、扁桃炎、咽頭炎、喉頭炎、気管支炎、気管支喘息、喘息、花粉症
6. 泌尿器系疾患 男性の不妊症、ネフローゼ、腎・尿路結石、膀胱炎、尿道炎、前立腺肥大症、陰萎症、遺精、ED/インポテンツ
7. 内分泌系疾患 尿崩症、バセドウ病、糖尿病、リュウマチ、甲状腺機能低下症、甲状腺機能亢進症
8. 新陳代謝疾患 貧血、脚気、痛風
9. 皮膚科疾患  皮膚炎、アレルギー性皮膚炎(アトピー)、蕁麻疹、ヘルペス、肝斑(しみ)、円形脱毛症
10. 産婦人科疾患 女性の不妊症、月経不順、月経痛、子宮内膜炎、冷え症、更年期障害、妊娠悪阻(つわり)胎位異常(さかご)、乳腺炎、乳汁分泌不全
11. 小児科疾患 疳虫、夜啼症、夜尿症、自家中毒症、小児喘息、虚弱体質、小児近視、小児アレルギー症皮膚炎(アトピー)
12. 眼科疾患 眼瞼縁炎(ただれめ)、麦粒腫(ものもらい)、結膜炎、フリクテン、
眼精疲労、仮性近視、弱視、涙管炎、ドライアイ
13. 耳鼻科疾患 耳鳴、難聴(突発性難聴)メニエル病、中耳炎、鼻出血(はなぢ)、鼻炎、副鼻腔炎(蓄膿症)

*一部~WHOによる適応疾患~参考