pagetitle_shoujou01.jpg

難病治療

メニエール病

メニエール病について

1568093937.jpg

メニエール病とは、体の平衡感覚を主る耳の奥の「内耳」にリンパ液が溜まることによって生じる病気の事です。

30~50歳代で発症することが多く、発症すると耳が詰まったような違和感や軽度の聴力低下が引き起こされます。

そして、体の平衡感覚に異常が起きて回るような眩暈が生じ、耳鳴や更なる聴力の低下が起こるようになるとされています。

このような症状は通常片方の耳のみ生じますが、もう片方の耳に発症することも多く、一度症状が治まっても再発を繰り返していく過程で、聴力が徐々に低下することが特徴です。

メニエール病の具体的症状

メニエール病の特徴的な症状は、ぐるぐる目が回るような”回転性めまい”、耳鳴、難聴、吐き気などです。

発症の仕方は個人差がありますが、一般的には耳が詰まったような違和感や耳鳴、聴力低下などが突然現れ、その後めまいの発作が生じます。めまいの発作は30分~数時間続くことが多く、吐き気や嘔吐を伴うことも少なくありません。

そして、メニエール病はいったんこれらの症状が治まったとしても、再発しやすいことが特徴の一つです。最厚を繰り返していくうちに症状は悪化して位に、特に聴力の低下は発症当初は低い音のみが聞こえにくくなるものの、進行すると高い音も聞き取りにくくなります。

メニエール病の原因

メニエール病は、体の平衡器官を主る内耳にリンパ液が過剰に溜まる内リンパ水腫によって引き起こされます。

しかし、どのようなメカニズムで内リンパ水腫が生じるのか明確には解明されていません。

現在の所、内耳構造の生まれつきの異常やアレルギー、免疫の異常、内耳への血流不足などが要因として挙げられており、単独ではなくいくつかの要因が重なって発症するとも考えられています。(2020年4月時点)

また、メニエール病はストレスや疲れがたまった時に再発を繰り返しやすいため、自律神経のバランスの乱れも何らかの関係があるとの説もあります。

中医学によるメニエール病

メニエール病は中医学では耳眩暈と称します。眩暈とは、眩と暈の2症状を総称したものである。

「眩」は目がくらみ、目の前がぼやけて乱れることを言い、「暈」は頭がくらくらして不安定な感覚があることをいいます。

両者は単独でも、また同時にも出現するが、両者が同時に起こる場合を眩暈と表します。

眩暈の主なる病因は内傷によるものであると考えています。

歴代医家の学説は様々であり、「素問」至真要大論篇では、「諸風掉眩、みな肝に属す」として肝風が眩暈を引き起こすとしており、「霊枢」海論、口問ではそれぞれ「髄海不足」と「上気不足」が眩暈の病因病理であるとしています。

臨床では腎・脾の虚によるものが多く、風火、痰濁などといった異なる要因が複雑に関連しています。

中医学におけるメニエール病の弁証論治

髄海不足

もとより耳鳴があり、常に眩暈を生じる。眩暈の発作時には耳鳴が酷くなり、聴力が低下し、さらに精神不安定となる。

腰膝がだるい、遺泄、心煩して不眠となり夢が多い。記憶力が悪くなる、手足心熱。

上気不足

眩暈が生じて顔面が蒼白となり、唇や爪にはつやがなくなる。

また食が少なく、便溏、喋るのが億劫になる。呼吸が弱く、呼吸困難となり動くとさらにひどくなる。

心悸・疲労感があって眠りたがる。

寒水上冷

眩暈時に心下に動悸がある。咳嗽して薄く白い痰を喀出し、腰が痛み、背部が冷えて肢体が温まらず、精神姜靡となる。

夜間頻尿となり、尿は透明で量が多い。

肝陽上擾

七情(怒・喜・思・憂・悲・驚・哀)の変化が原因で眩暈が起こり、感情は舒暢できず、心配事があると悪化する。

頭痛、さらに口が苦くて咽が乾く、目の充血、急躁、心煩、胸脇苦満、睡眠不足で夢が多い。

痰濁中阻

眩暈があり、頭部や前頭部に脹重感があり、胸中は悶々として舒暢せず、ひどい悪心があり、痰涎が多い。

激しい動悸がして食欲がなく倦怠感がある。

突発性難聴とメニエール病の鍼灸治療

難聴や耳鳴など耳鼻系疾患の改善に鍼灸療法が有効であることは多くの研究 機関で既に実証されています。

当院でもメニエール病の鍼灸治療で実績を重ねています。
メニエール病の発作の遠因にはストレス・精神的緊張(心労)・過労・睡眠不足などが挙げられ、それらの緩和は鍼灸治療の最も得意するところで、その効果が障害部位の直接施術に相乗を果たし症状改善に大きく関っています。発病早期に専門医の治療を受け、合せて鍼灸治療を併用した場合がより効果的であると実証されています。

 

発症初期の方も慢性病と諦めかけておられる方もぜひご相談に起しください。真摯に丁寧に対応させて頂くことをお約束いたします。

料金表

初診料3,470円、再診料(半年以上)1,750円

bg@2x.jpg

ご来院予約

<完全予約制>

現在、来院のご予約はお電話かWebサイトから承っております。
​皆様のご来院を心よりお待ちしております。

Webからのご予約

お電話からのご予約

<平日10〜20時/土日祝10〜19時