病気の治療 ― 飛蚊症

飛蚊症とは

 

視野に小さく捻じれた糸状のものや黒い歪な斑点が浮遊し、現れては消えたり、視線を移動させるとそれに伴った動きをすることもあります。これには単に眼球表面が微細なゴミで汚れている場合が大半で、誰でも経験していることです。疾病としての飛蚊症の発症年代は様々で、主に年長者ですが若年で自覚するケースもあります。

 

飛蚊症には生理的な原因で起こるものと、眼病の症状のひとつとして現れるものがあります。生理的な飛蚊症は眼の構造上現れるもので、眼球は硝子体と言う透明なゲル状の物質で満たされており、その成分は経時で変化し、一部に歪な部分が現れ、これが濁り、その陰影が網膜に反映し、視野の中で黒い斑点のように浮遊して見えることがあります。

また加齢により硝子体が萎縮し、その背面が網膜から剥がれ、この部分が黒い斑点として視野に浮き上がって見えることもあります。先天的なものとしては母体内で胎児の眼球がつくられる際、硝子体を通る血管が眼球の成熟により消滅していきますが、成長後もその残骸が硝子体に存在し、それが影となって飛蚊症として現れることもあります。

 

これらの飛蚊症は生理的なものであって、健康な人の眼にも起こる現象ですから、生活に支障ない程度であれば特に治療は必要ではありません。しかし、飛蚊症を自覚した場合は、単に生理的なものか、何かの眼病の症状か一概には判断できませんので、取敢えず専門医の診断を受けて下さい。網膜剥離のような緊急治療を要する重大事態の疾病の前兆である場合もありますから。

飛蚊症と単なる眼球表面汚れの判断

飛蚊症とそうでないもの(眼球表面の汚れ等)とは、その現れ方により見分けることができます。硝子体内は水分で構成されており、その中で含有物は浮遊し揺れ動きます。よって飛蚊症の場合は眼の運動により浮遊物の位置や形状に変化が生じます。また浮遊物と網膜の間には隙間があることから、黒い斑点は影を伴い、黒い輪郭のはっきりした斑点ということはありません。


勿論、飛蚊症ではなくても専門医の診断・治療・継続的経過観測の必要なケースはあります。例えば上記の症状の反証で、眼の運動(視野の移動)で浮遊物の現れ方も形状も変化せず黒点の輪郭がはっきりしている場合でも、その状態が長引く・繰り返し現れる・視力が低下したように思われる等の自覚がある場合は専門医の所見が必要でしょう。
また、下記のような自覚症状が伴う飛蚊症の場合は緊急に専門医の診断・治療を要します。

・突然歪な黒い斑点が現れ上下左右に浮遊する

・その量が増し、範囲も広がる

・明かりを消した室内や夜道で突然眼前に閃光が走る

・視野の一部分が黒く欠けて見える

・急速に視力が落ちる

これらは、網膜剥離・網膜裂孔・硝子体出血など重大な眼病の症状の現れである場合が多く、失明の恐れもありますので必ず専門医の診断を受けて下さい。

飛蚊症の鍼灸治療

飛蚊症の症状軽減・解消にも鍼灸治療は効能を発揮します。 中医学では眼に現れる疾患は肝機能の不全の反映と考えられています。 肝臓の血行の低下が視覚系に影響を及ぼし、様々な眼病の原因のひとつ であると示しています。一時的な肝機能の不調や疲労による眼の充血や 炎症は誰でも多くの人が体験されていることです。眼の充血や炎症は飛蚊症のもたらす原因となる場合もあります。従って当院の眼の疾患の鍼灸治療は全身状態・体調・自律神経の不調などとの関わり方を判断し、全身施術で治療効果を上げています。

 

専門医の治療の必要のない生理的な飛蚊症の場合でも、眼の前をさまよう浮遊物が不快で、ストレス・イライラの原因となり、眼精疲労に至り、伴って肩凝り・頚凝り・頭痛となって現れ、それが眼精疲労を悪化させると言う負のスパイラルに陥る症例も多くあります。

 

西洋医学的には治療の必要も心配もないと診断されたがストレスは解消されず悩んでおられる患者さんにも鍼灸治療は効果的のお応えしています。勿論、病的飛蚊症の加療中で何かもどかしさを抱えておられる患者さん、他の眼病による飛蚊症で手術後、本来の眼疾患を治癒したものの軽減した飛蚊症状が後遺し不満で悩んでおられる患者さん、その他様々な飛蚊症のお悩みをお持ちの方、当院の飛蚊症カウンセリングにお越し下さい。 真摯にご対応させて頂き、治療施術方針をご説明致します。

ご予約はこちら

お一人おひとりにじっくりと治療にあたるため、当院は完全予約制になっております。
ご予約はお電話かWEB予約フォームよりお願いいたします。

<完全予約制>TEL 06-6147-6388


お悩みの症状から探す