病気の治療 ― 脳梗塞後遺症

脳梗塞とは

 

脳の細動脈に血栓・凝固塊・脂肪塊・石灰片・腫瘍塊などが詰まって血流を停滞させ脳細胞が死滅しまう病気です。

脳梗塞には大別すると「脳血栓」と「脳塞栓」の2通りがあります。「脳血栓」は高血圧・高脂血症・糖尿病等が引き起こす動脈硬化により血管が詰まってしまい発症します。「脳塞栓」は心臓病(不整脈や弁膜症)等が原因で心臓にできた血栓が血流と共に脳に流れ込み、血管を詰まらせてしまい発症します。

いずれの場合も50歳以上で発症することが多く、男性は女性の約1.5倍とされ、男性では70歳前後が最も多く、女性では73歳ぐらいが多いと言われています。これは、女性ホルモンが脳梗塞の原因となる動脈硬化を抑制する働きがあるためと考えられています。まれに30歳代や40歳代で発症する例もあります。

脳梗塞の症状

半身不随・半身麻痺・感覚の低下・手足の運動障害・意識障害・言語障害・昏睡などの症状が現れ、後遺症となります。脳血栓は徐々に発症する場合が多く、脳塞栓は突然発症し意識障害を起こすのが特徴です。

脳梗塞の後遺症

運動障害:

顔面から上下半身の手脚が麻痺する片麻痺で、ひどい場合は完全麻痺、軽症の場合は手足の先が痺れ細かい動きが不自由など、発症部位・治療着手の早遅などによりその症状は様々です。

 

視覚障害:

発症部位が脳内の視覚中枢周辺で関連細胞が侵された場合、失明・視力低下などの視野障害が後遺症となります。

 

言語障害:

  聴覚神経細胞が侵され、話す・聞き取るなどの障害が後遺症となります。

 

感覚障害:

  上下半身の感覚が鈍り、痺れや痛みなどが後遺症となります。

 

記憶障害:

  知的中枢の細胞が侵され、痴呆・記憶喪失などが後遺症となる場合があります。

 

その他後遺症:

  慢性頭痛・眩暈・運動失調・排泄障害など。

東洋医学の脳梗塞治療

中医学の古典書『黄帝内経』には「撃仆偏枯(ゲキフヘンコ)」と言う記載があり、これは脳卒中を指し、撃仆は突然の卒倒、偏枯は半身不随を意味します。その後遺症を「中風」と言い、日本では以前は「ちゅうぶ」と呼んでおり、これに通じるものです。既に「黄帝内経」の中には中風や偏枯に対する鍼灸の治療法が説明され、鍼の施術により筋肉のこりを和らげ、血液や体液の循環を良くすることのより脳梗塞にあたる後遺症の治療効果が記されています。

当院の脳梗塞後遺症の鍼灸治療

脳梗塞の後遺症の鍼灸治療は早期であればあるほど効果的です。また専門医療機関でのリハビリ治療との併用が相乗効果を上げより成果を得た例が多くあります。

 

当院では現代中医学で最も治療実績を上げている脳梗塞の針灸治療法である「醒脳開竅法」を基にし施術を行っています。この治療法は天津中医学院附病院の石学敏教授が実践研究と臨床治療を重ね確立された鍼灸施術法です。この療法で脳梗塞の後遺症には鍼灸治療が極めて効果的であることが実証されました。また、旧来の針治療法や化学療法よりも優れること証明されています。

 現在脳梗塞の後遺症で苦慮されておられる患者さんへ

毎日リハビリ治療に励んでおられることでしょう。
当初から思うと徐々によくなられたでしょう。
半身麻痺も発声障害も随分改善されましたか。
リハビリ治療は真にご自身との闘いですね。辛抱強く頑張っておられますこと敬意致します。


そんな患者さんに少しでも楽になっていただきたく当院の院長は日々真摯に治療に取り組んでいます。初期後遺症で苦しんでおられる患者さんは勿論、経期リハビリ治療を継続れておられる患者さんも、一度当院の脳梗塞後遺症鍼灸治療のカウンセリングをお受け頂くことをお勧め致します。ぜひお気軽に相談にお越し下さい。

トピックス

脳梗塞の再発を防ぐには血液をサラサラにして血栓を作らないようにすることが大切です。その為に抗血小板薬を処方されておられる患者さんもおられることでしよう。食生活で気をつけていただくことは納豆を食べ過ぎないこと。納豆は抗血小板薬の薬効を妨げます。
また、肥満・高血圧・高脂血症・糖尿病などの生活習慣病を併発しないよう食生活の自己管理が重要です。暴飲暴食は禁物!適度な運動をし、禁煙・禁酒が必要です。


早期再発発見の為には年1回のMRIやMRA、頚動脈エコーなどの検査を受け画像診断で脳血管や頚動脈の状態を調べましょう。 脳梗塞にならないためにはまず生活習慣の見直しをしましょう。 塩分を控え(10g/日以内)、ナトリウムの排泄を促進する食品(枝豆・リンゴ・バナナ・カボチャ)などを進んで摂取しましょう。降血圧作用のある乳製品やマグネシウムを含む食品(焼きのり・昆布・ごま)などを積極的に摂ることも大事です。動物性脂肪やコレステロールを多く含む食品は控え、アジ・サバ・イワシなどに多く含まれるEPA・DHAなどの不飽和脂肪酸に配慮し献立して下さい。

 

また適度な運動を心がけ、太り過ぎに注意し、充分睡眠・休養をとりましょう。禁煙・節酒は肝要です。 夏は脱水症や風邪が基で脳梗塞に至ることがあります。夏場の充分な水分補給は欠かせません。

ご予約はこちら

お一人おひとりにじっくりと治療にあたるため、当院は完全予約制になっております。
ご予約はお電話かWEB予約フォームよりお願いいたします。

<完全予約制>TEL 06-6147-6388


お悩みの症状から探す