病気の治療 ― 眼精疲労

眼精疲労の鍼灸治療

『眼精疲労』とは単に眼が疲れている状態ではなく、慢性的な眼球運動に携わる筋肉や視神経の疲労であり、眼以外の全身症状を伴っている場合が殆どです。

読書や事務仕事などで一時的に眼を酷使した時の症状、いわえる一般的な『疲れ眼』とは全く違った疾患です。

眼以外の症状としては、頭痛・肩凝り・吐き気・食欲不振・便秘・情緒不安定・鬱など心身共に関連して現れます。眼精疲労とこのような全身症状との因果メカニズムを明確にすることは出来ませんが、『疲れ眼』により眼がかすみ物が見え悪くくなり、眼を凝らすことで頚や肩の筋肉を緊張させ、凝りを招き、頭痛にまで至ることは経験的に解かっています。

この筋肉の硬直の継続が消化器系や自律神経系に負の連鎖を生じさせ、全身症状を発症させることは充分考えられます。

眼精疲労の原因

眼精疲労の原因としては様々な要因が考えられますが、まずそれを突き止めることが治療の第一歩です。それは治療効果を高めるだけではなく、再発予防の手懸りにもなります。症例の中には極まれに眼精疲労が他の深刻な疾患の前兆であったり、病状の一部であったりするケースもありますので、たかが『疲れ眼』と侮らず、先ずは眼科専門医で精密検査することが重要です。

 眼の状態が原因の眼精疲労

近視・乱視・老眼などの人が矯正器(眼鏡等)が適当ではなく焦点を調整するために眼球内部の筋肉に負担をかけ硬直させ眼精疲労が発症します。ドライアイと言われる何らかの原因で眼球表面が乾燥することで、角膜が傷つきやすい状態になり、炎症を起こすこともあります。

近年顕著な例は液晶画面を長時間見続ける作業や遊びで眼を酷使しドライアイ状態になるケースが増えています。これは画面を直視し続けることにより、まばたきが減少し、涙腺の働きが低下し、眼の表面を守る涙の被膜が失われ、ドライアイになり、それが眼精疲労の原因ともなります。

 眼の疾患が原因の眼精疲労

眼圧が高くなる緑内障の病状の一部として眼精疲労がみられます。また水晶体が混濁する白内障の初期症状で眼精疲労を訴えることが多くあります。網膜剥離の前兆としても眼精疲労を感じる場合があります。このような明らかな眼の疾患は眼科専門医の適切な所見と治療がまず第一です。緑内障・白内障など眼の疾患の鍼灸治療に関しましては別項で述べます。

 眼以外の疾患が原因の眼精疲労

風邪などによる発熱で眼精疲労を伴うことがあります。花粉症・歯や耳などの疾患によっても眼精疲労が起こる場合もあります。また自律神経系の不具合やホルモンの均衡に支障をきたした疾患も眼精疲労を起こす原因となりえます。このような全身症状に伴う眼精疲労の場合はまず主症状の改善から始めなければなりません。

 生活習慣や環境がもたらす眼精疲労

前述の長時間に渡り液晶画面を見続ける作業や、四六時中スマートホンを操る習慣が『疲れ眼』状態を慢性化させ、やがて『眼精疲労』に陥るケースが増えています。今ではこれも生活習慣病と言えるかもしれません。

生活環境や人間関係など様々な悩みがもたらすストレスがその原因となることも知られています。これはストレスにより自律神経が過剰反応し、眼の筋肉や神経に差障り眼精疲労を招くと考えられています。またストレスによる緊張の継続が涙の分泌を滞らせ、ドライアイになることもその一因と言えます。

イライラ・食欲不振・消化不良などの消化器系の症状が伴う眼精疲労の場合は『ストレス性眼精疲労』の恐れがありますから、まず生活環境を見直すことが大切でしょう。

眼精疲労について中医学の考え

中医学では内臓器の不具合が各々司る関連器官や機能に症状となって現れると考えます。

『眼精疲労』の表面症状は『眼』の機能を担う内臓器「肝」に不具合があって発症していると考えます。

肝とは肝臓のことですが、ここでは内臓器そのものを指すのではなく、肝臓が担う各機能のことを言います。つまり中医学では肝の機能を改善させることにより、肝が担う様々な機能の不具合が軽減・回復すると考えています。従って、眼精疲労を改善するには『肝の経絡』に鍼灸治療を施すことにより眼精疲労が軽減され、他に関連する全身症状も改善されると言えるのです。

鍼灸治療の直接効能としては頚や肩の凝りを緩和することにより、血行を促進し頭蓋周りや眼内部の血液循環がよくなり、眼精疲労が改善に向かうのです。また鍼灸治療により副交感神経を鎮め、ストレスを癒し緊張を緩め眼精疲労を軽減させます。

 

当院の鍼灸治療は中医学の基本理念を基に患者さんお一人お一人の症状を把握し治療計画を立て最も適した施術を実践しております。『眼精疲労』で慢性的にお悩みの方は是非ご相談にお越し下さい。長年の不快感を解消させて頂けます。

ご予約はこちら

お一人おひとりにじっくりと治療にあたるため、当院は完全予約制になっております。
ご予約はお電話かWEB予約フォームよりお願いいたします。

<完全予約制>TEL 06-6147-6388


お悩みの症状から探す