病気の治療 ― 眼瞼下垂・顔面痙攣

眼瞼下垂の鍼灸治療

眼瞼下垂(がんけんかすい)とは先天的な要因、後天的原因で、上瞼に不具合が生じ、瞼が開き難くなる疾病です。上瞼が垂れ下がり眼球を塞ぎ、視野を著しく狭め、ものが見え辛くなる症状です。多くの場合、上瞼を持ち上げる筋肉(眼瞼挙筋)の麻痺によって発症します。
その原因としては外傷・腫瘍・放射線 治療の後遺症、筋無力症などで神経系統に障害を起こし上瞼の開閉機能筋肉に適時情報が伝わらず麻痺が生じます。また眼瞼挙筋に発症する筋肉の病気や顔面神経麻痺で上瞼が垂れ下がってしまう場合もあります。また一般的に最も多い眼瞼下垂症の原因は加齢で顔面筋が衰え、上瞼の皮膚が弛緩し発症する老人性眼瞼下垂症です。


その症状は視野に支障をきたすだけではなく、視界を開こうとして無意識に額に力を加えたり、また不自然に顎を動かしてしまうため、頭痛や肩こりを訴えるケースが多くあります。先天性眼瞼下垂症は生後間もなく、少なくとも1年以内に上眼瞼の垂れ下がりが現れます。これは上眼瞼挙筋に先天性に障害があるため、上眼瞼を上げたまま維持できないのです。

先天性眼瞼下垂では視野障害が、成長時期の乳幼児の眼の発達機能を損ない本来健康な視力が弱視に陥る場合も少なくありません。また斜視や乱視の原因ともなると言われています。

眼瞼下垂の症状

後天性の眼瞼下垂の初期症状は、上瞼が重い・眼が疲れやすい程度ですが次第に下記のような症状が顕著に現れてきます。

・無意識に頻繁に上瞼を上げる動作を繰り返す

・額のシワが深く目立ち始める

・何かと疲れやすくなる

・眼球が落ち込むような自覚がする

・めまい・頭痛・肩凝り痛が酷くなる

眼瞼下垂症は単なる眼精疲労や偏頭痛症などと混同され看過されることもあるので専門医の適切な診断を受けることが肝要です。

当院の眼瞼下垂の鍼灸治療

中医学では眼瞼下垂の針灸治療の歴史は古くその効能は多くの臨床例で報告されています。当院ではその臨床理論を踏まえ独自の施術法を実践し、成果を得ています。特に鍼・灸・パルス治療の適格な併用継続療法で多くの患者さんが快復されています。


当院ではまず詳細なカウンセリングを行い、眼瞼下垂に至った経緯を確かめ、その原因を突き止めることから始めます。それぞれの患者さんの原因・症状を把握し治療方針を立て、充分ご理解を得た上で施術に取り組んでいます。専門医で眼瞼下垂症と診断された方は一度ご相談にお越しください。他人には理解得難い不快感・疲労感で難渋しておられる患者さん、まずそのストレスからの解放から始めましょう。

ご予約はこちら

お一人おひとりにじっくりと治療にあたるため、当院は完全予約制になっております。
ご予約はお電話かWEB予約フォームよりお願いいたします。

<完全予約制>TEL 06-6147-6388


お悩みの症状から探す