病気の治療 ― 生理痛の鍼灸治療

生理(月経)のメカニズム

女性なら軽重の差はあっても殆どの方が生理前や生理中にお腹や頭が痛くなったり、イライラしたり、倦怠感や憂鬱だったり、そんな実感はある筈です。男性には理解出来されないそんな思いを女性は人生の大半40年余りも毎月毎月繰り返しています。

男性からは「たかが生理痛で?!」と思われ、学校や職場で辛くて悔しい気持で耐えておられる方も少なからずおられるでしょう。


既に女性なら学習済でが、ここで改めて生理のメカニズムを考えてみましょう。

 

生理(月経)には女性ホルモンの分泌の変化が大きく関わっています。女性ホルモンには、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の2種類あります。この2通りの女性ホルモンの分泌により卵胞が大きくなって排卵し、子宮は受精卵の着床・生育の準備をして妊娠に適した状態になります。

 

妊娠しなかった場合、不要になった子宮内膜ははがれ落ち、血液とともに子宮口から排出されます。これが生理のメカニズムです。その周期は人によりそれぞれですが、25日~38日位で、その期間は4日~7日が一般的です。

 

 

生理痛の原因

前項の生理のメカニズムの過程で発症するのが生理痛です。その症状も人によって様々ですが、主には「腹痛」「腰痛」「頭痛」などの痛み、「イライラ」「無気力」「憂鬱」などの精神的なものです。女性なら実感しておられるでしょうが、生理痛の痛みには特徴があります。締め付けるような痛みが起きたり、消えたりし、また鈍い痛みが続くこともあります。

 

この痛みは生理前や生理中に始まり、その24時間後にピークに達し、その後は次第に治まるのが一般的です。

主な生理痛の原因としては次のようなことが挙げられます。

 

プロスタグランジンの過剰分泌

「プロスタグランジン」とは子宮を収縮させ、子宮内膜がはがれるときの出血(経血)をスムーズに体外に出す働きをする生理活性物質です。この物質の分泌量が多い人は、子宮の収縮が過剰になって陣痛のような激しい痛みを感じることがあります。またこの物質は痛みを強め作用もあり、頭痛や腰痛を増幅し、肩こりや吐き気を招く場合もあります。

 

子宮の発達が未成熟

初潮後数年は子宮が未成熟で、子宮口が狭く硬いため、経血が容易に排出できず、より強く子宮を収縮させることにより痛みが発生します。また若い人や出産経験のない人の場合でもこれが原因で生理痛を招くことがあります。子宮が成熟すれば自然と治まりますし、出産後生理痛が軽くなるのは子宮の出口が広がったためです。

 

ストレス・冷え症

肉体的・精神的ストレスは、ホルモンや自律神経のバランスを崩し、血行を悪くさせます。それが引き金となって、体温調節などの機能低下を起こし、痛みの感受性が増し、不快感も招きす。冷え症の方は慢性的に血液の循環が悪いので、上記症状に加えて、プロスタグランジンが骨盤内に滞りやすく、痛みを強く感じるのです。

 

痛みの感覚のトラウマ

初潮初期に激しい生理痛に襲われ、毎月苦しみに堪えていた人の中にはその恐怖がトラウマとなり、機能的・身体的には全く問題がないのに生理のたびに痛みを訴えるケースがあります。生理そのものに嫌悪感や不安を抱いたまま成長し、痛みから逃れられない人もいるのです。

 

他の婦人病が潜在している場合

自覚していない婦人病に罹患しており、それが原因で生理のたびに痛みを発症させる場合があります。その代表的なものは「子宮内膜症」「子宮筋腫」などですが、これらの疾患は初期では自覚症状が乏しく、徐々に進行するため、単なる生理痛と思い違いし、手当が遅れてしまうこともあります。

いずれの生理痛のケースでも度々の不正出血や酷いオリモノなどで危惧される場合は専門医の診断が必要です。また一定年齢に達したら定期検診も大切となります。

 

生理痛の鍼灸治療

女性がその半生を共に付き合っていかなければならない生理。人によっては閉経を迎えて、スッキリして気楽になったと言われる方、女を卒業してしまったようで何だか寂しいようなと言われる方もあります。人それぞれでしょうが、出来ることなら、この半生の付き合いを健やかに憂鬱にならず、不快を感じずに過ごしたいものです。

 

全員女性施術者の当院ではそんな女性の想い・願いを叶えたいと研鑽・努力を重ねています。当院が独自に取り組んでおります「于式生理痛の鍼灸治療」の施術手技によって、生理が改善された多くの患者さんから感謝の報告と喜びの言葉を頂いております。

 

東洋一心堂では単に機能の不具合の治療だけに関わるのではなく、詳しいカウンセリングで得たお一人お一人のインテリジェンスに基づいたそれぞれに見合った療法で精神面のケアも大切にしています。

 

毎月毎月生理がくるたび憂鬱で辛い思いをさておられる生理の方が不安で他の病気を懸念されておられる方、女性ならでは理解できる事、親身になれることが沢山あります。

 

是非、安心して相談にお越し下さい。

 

鍼灸治療の料金表

コース 時間

料金(税込)

中国鍼治療(全身鍼) 60分 7,700円
難病鍼治療 60分 8,800円

※初診料3,300円、再診料(半年以上)1,650円

 

お得な回数券もございます

※個人差はありますが、通常5回前後の受診で体の変化が表れてきます。

<中国鍼治療:回数券> 

  • 5回券   38,500円→35,200円
  • 10回券 77,000円→66,000円

 <難病鍼治療:回数券>

  • 5回券   44,000円→40,700円
  • 10回券 88,000円→66,000円

 

 

鍼灸院 東洋一心堂のアクセス

<住所>

大阪府大阪市北区梅田1-1-3 大阪駅前第三ビル2階18-2号

TEL: 06-6147-6388

 

電車・駐車場

  • 大阪メトロ 谷町線「東梅田駅」より徒歩約4分
  • 大阪メトロ 四ツ橋線「西梅田駅」より徒歩6分
  • 大阪メトロ 御堂筋線「梅田駅」より徒歩約8分
  • JR東西線「北新地駅」より徒歩約2分
  • JR各線「大阪駅」より徒歩約8分
  • 阪神各線「大阪梅田駅」より徒歩約5分
  • 阪急各線「大阪梅田駅」より徒歩約10分
  • 駐車場 あり 有料

<駐車場について>

1台につき30分まで毎に300円

平日:当日に限り4時間以上2,400円

土日祝:当日に限り5時間以上3,000円

※当日とは、1営業日(午前6時から午後11時まで)を指します。

 

診療時間

<月曜~金曜>

午前 10:00~13:00(最終受付12:00)

午後 14:30~20:00(最終受付19:00

<土日祝>

午前 10:00~13:00(最終受付12:00)

午後 14:00~19:00(最終受付18:00)

 

 

ご予約はWEBまたはお電話でお受けしております

<お電話でのご予約>

TEL: 06-6147-6388

受付時間:平日10〜20時/土日祝10〜19時

 



プライバシーポリシー | サイトマップ
Copyright(C) 鍼灸院 東洋一心堂. All Right Reserved.