病気の治療 ― メニエール病

メニエール病について

 

メニエール病もその原因が明らかになっていませんが、自律神経失調・血行障害・迷路内リンパ圧異常・アレルギー体質・代謝不全などに起因する平衡感覚障害と定義されています。

その主な症状は眩暈(めまい)、それに伴う嘔吐感(吐き気)、また難聴や耳鳴を併発する場合もあります。発作(眩暈)は一過性の軽度のものから、数時間数日継続する重篤なものまで様々です。いずれの場合も一度で治まる場合もありますが、殆どのケースではまた同様の症状が繰り返し起こります。30歳代から50歳代の方に多くの発症例が報告されています。見られます。

何が原因でなるのかはまだはっきりしませんが、メニエール病はめまいが主な症状で、難聴が一緒に起こることが多く、吐き気や嘔吐が起こることもあります、また、耳鳴りを伴うこともあります。

メニエール病の具体的症状 

激しい眩暈・難聴・耳鳴・耳閉塞感などの症状が同時に起こり、それに伴い、嘔吐・動悸・顔面蒼白・悪寒、のぼせなどの温感異常を発症する場合があります。発作は突然床に臥してしまう程の激しい眩暈に襲われ、数分から数十分間継続します。この眩暈は明らかに前庭神経や三半規管の異常によるもので、脳幹より中枢神経に体が回転している状態と誤伝達され、実際に自分が回転しているように錯覚してしまう。
また、難聴・耳鳴・耳閉塞感が酷く伴う場合は頭を抱え臥してしまう状態が続きます。発作は一旦は治まりますが、数日から数週間の間で繰り返し起こります。発作が繰り返し起こることにより他の身体機能にも異常が波及する場合もあります。

突発性難聴とメニエール病

突発性難聴とメニエール病はいくつかの症状が似か寄っていますが、大きく違う点があります。突発性難聴の発作は単発に留まり繰り返し起こる例は稀ですが、メニエール病の場合は不定期間に繰り返し発作が起こります。突発性難聴と診断され治療で回復しても、また繰り返し発症する場合は、メニエール病を疑うべきだと言えます。

中医学によるメニエール病

中医学で『眩暈(めまい)』と言われている症状がメニエール病にあてはまります。
その病理の根本は体内の水分調整が不全で循環が滞り発症すると考えられています。それには鍼灸治療が有効で循環を促進する経絡を刺激を施すことのより回復に向かうとされています。

突発性難聴とメニエール病の鍼灸治療

難聴や耳鳴など耳鼻系疾患の改善に鍼灸療法が有効であることは多くの研究 機関で既に実証されています。>当院でも突発性難聴やメニエール病の鍼灸治療で実績を重ねています。
突発性難聴やメニエール病の発作の遠因にはストレス・精神的緊張(心労)・過労・睡眠不足などが挙げられ、それらの緩和は鍼灸治療の最も得意するところで、その効果が障害部位の直接施術に相乗を果たし症状改善に大きく関っています。発病早期に専門医の治療を受け、合せて鍼灸治療を併用した場合がより効果的であると実証されています。

 

発症初期の方も慢性病と諦めかけておられる方もぜひご相談に起しください。真摯に丁寧に対応させて頂くことをお約束いたします。

 

ご予約はこちら

お一人おひとりにじっくりと治療にあたるため、当院は完全予約制になっております。
ご予約はお電話かWEB予約フォームよりお願いいたします。

<完全予約制>TEL 06-6147-6388


お悩みの症状から探す