pagetitle_shoujou01.jpg

男性不妊

男性不妊

男性不妊症の概要

世界保健機構(WHO)のマニュアルでは、不妊症の定義を避妊しない性行為によって少なくとも12ヶ月経過しても妊娠に至らない場合としています。その中でも不妊症の原因が男性側にある場合、男性不妊症と言います。不妊の原因が男性に同定できるもののことを指します。

現在では、通常のカップルのうち約15%は不妊症といわれています。WHOは男性にのみ不妊原因があるカップルが24%、女性にのみ不妊原因があるカップルが41%、男女ともに原因があるカップルが24%、原因不明が11%と報告しています。すなわち、不妊カップルの約半数において、男性側に原因があるのです。

男性不妊症の原因

男性不妊症の原因には、大きく3つに分けることができます。

  1. 造精機能障害(精子形成障害)…精子がたくさん作れない

  2. 精路通過障害…精子が通れない、でてこない

  3. 性機能障害…性行為ができない

 

2016年公表された全国調査の結果では、造精機能障害が82.4%、精路通過障害が約3.9%、性機能障害が13.5%であり、以前の調査と比較して性機能障害の割合が増加しています。日本の婚姻カップルの45%はセックスレスという報告もあり、今後、性機能障害に対する治療は男性不妊症に関しても極めて重要になるでしょう。(勃起不全の治療は下記のページをご参照ください。)

男性不妊症の主な病態、種類

男性不妊症は主に乏精力症、精子無力症、精子不動症に大別されます。

乏精子症は精子の「量的問題」そして精子無力症と精子不動症は「質的問題」と考えることができます。

● 乏精子症

乏精子症とは、精子の量(精液の量ではありません)が少なく、自然妊娠が難しい状態を指します。より厳密には総精子数が2000万以下(一説には、精液1mlあたり1500万以上の精子数)の状態とされますが、量以外にも精子運動率や精子奇形率などもあわせて総合的に判断されます。男性不妊症の中でもこの乏精子症は大きなウエイトを占めています。

● 精子無力症、精子不動症

精子無力症とは、受精するために前進してゆく力の弱い精子が多い状態を指します。さらに精子不動症とは全ての精子が動いていない状態です。両者とも精子がすべて死滅しているわけではありませんが、自然妊娠が難しい状況といえます。

乏精子症、精子無力症、精子不動症の原因は様々で特定されないことが多いです。このような方に対しては、ビタミン剤や漢方薬などの薬物で治療を試みます。血液検査でLH、FSH値に異常がある場合はホルモン療法を行うこともあります。治療効果が確認されるまで、最短でも3ヶ月は必要です。

 

妊娠の基本は自然妊娠と考えていますが、治療に時間がかかりすぎることや女性側の年齢なども配慮し、産婦人科と連携して、人工授精や体外受精などの補助生殖技術も考慮します。

● 無精子症

精液中に精子が全く見られない状態を無精子症といいます。現在、日本人男性の約1%が無精子症といわれています。無精子症と診断されれば、自然妊娠は不可能です。ただ無精子症には、精子の通過路が閉じている閉息性無精子症と、精巣そのものの精子を作る力が落ちている非閉息性無精子症の2種類があり、どちらのタイプかにより治療内容が異なります。現代医学では手術や顕微鏡を利用して治療するのが一般的です。一部の患者では精子が見つかり採取を行い、妊娠に成功した例もあります。

● 精索静脈瘤

精索静脈瘤は男性不妊症を引き起こす代表的な疾患で、陰嚢の静脈が拡張した状態をいいます。決して悪性の病気ではありませんが、静脈瘤があると拡張した静脈内にある体温と同じ36度の血液により、精巣が温められることで精子形成障害が生じると考えられています。

精索静脈瘤は軽いものを含まると全成人男性の15%程度に見られます。これらの患者において、精液所見が悪く、かつ高度な精索静脈瘤が認められた方は手術が必要で、通常顕微鏡を用いた手術で静脈を結索します。治療効果(精液所見改善率)は6~7割程度と言われています。また一部の方に東洋医学も効き目があると認められています。

男性不妊の中医学の認識

中医学的に男性不妊症を考える場合、大切なことは精子の濃度や運動率のような「ミクロの視点」だけではなく、身体全体の様子から問題点を見出す「マクロの視点」も重視します。

まず中医学的に生殖活動には腎が一番深く関わっています。腎とは西洋医学的な”腎臓”ではなく、生命の誕生や成長に関与する物質である”精”が貯蔵され、それに基づいた働きを行う中医学的な腎を指しています。

精は今風の表現を借りるならば「生命エネルギーの結晶」のような存在です。私たちの身体に存在している精は両親から受け継いだ精と、主に食べ物を摂取することによって後天的に獲得された精が合わさったものです。

この精を消費していくことで、成長、身体機能の維持、そして生殖活動が行われています。したがって、精の不足、中医学的には腎虚と呼ばれる状態は身体に多くの影響を及ぼし、その1つが男性不妊症といえます。

精の不足以外にも男性器を栄養する血の不足も男性不妊症につながります。さらに血の不足だけではなく、上記で述べた通り精は食べ物から後天的に取り入れられるので、消化器(中医学的には脾胃)の調子が悪ければ、この改善も大切です。

補うだけではなく、気や血に滞りが見られる場合はこれが身体内で円滑に循環できるようにする必要があります。それは気や血はスムーズに流れてこそ本来の働きがなされるからです。気は精神的なストレスによってしばしば滞ってしまうので、睡眠時間の確保やリラックスは非常に大切です。

中医学における男性不妊症の治療

中医学の治療はまず患者様自身を知る事から始まります。

しっかりとカウンセリングを行ったのち、五臓六腑や気血水の虚実を明らかにし、病気の「証」を立て治療を行います。

​ここでは、各病症の証を紹介していきます。

● 乏精子症

  1. 腎陰虧虚、腎精不足(消痩、膝腰がだるい、耳鳴、眩暈、手足心熱、不眠症など)

  2. 肝脾腎虚、陰精虧損(膝腰がだるい、疲れやすい、食欲不振、不眠、多夢、性欲低下、イライラしやすい、口が乾きやすいなど)

  3. 腎陰虧虚、腎陽不足(膝腰がだるい、耳鳴、めまい、五心煩熱、畏寒、便溏、性欲低下など)

  4. 腎陽虚損、厥陰寒湿(性欲低下、たまに早漏、腰痛、陰嚢湿冷など)

● 無精子症

  1. 腎精虧損(性欲低下、めまい、耳鳴、疲れやすい、腰怠い、不眠症、動悸など)

  2. 気滞瘀血、精道不通(鬱っぽい、性行為後に睾丸の脹痛、小腹に向かって放散痛など)

  3. 真元不足、腎気不充(精液清稀、疲れやすい、眠たい、顔色晄白、膝腰がだるい、頭痛、眩暈など)

  4. 肝腎両虚、痰瘀阻絡(疲れやすい、全身倦怠感、動悸、めまい、寝つきがよくない、多夢、膝腰がだるい、食欲不振など)

● 精子無力症

  1. 脾腎陽虚、腎精虧損(精神的に疲れている、全身倦怠感、食欲不振、膝腰がだるいなど)

  2. 腎陰陽虧虚、精血不足(膝腰がだるい、畏寒肢冷、頻尿、夜間尿、多夢、早漏、下痢など)

  3. 脾腎陽虚(長期間の下痢、腹部チクチクと痛い、食欲不振、疲れやすい、膝腰がだるいなど)

● 精索静脈瘤

  1. 痰瘀阻滞、精道不通(下腹部がチクチクと痛む、長く座る動作が多い、しゃがむと痛みがひどくなるなど)

  2. 肝腎精虧、血瘀絡阻(めまい、目の疲れ、乾燥、小腹・鼠径部・睾丸の掣痛感(引っ張られるような痛み)など)

  3. 労傷筋脈、瘀血凝滞(疲れやすい、腹部・睾丸の脹痛、疲れると痛みが酷くなる、舌質黒暗紅、瘀点など)

男性不妊症の鍼灸治療

勃起不全の治療と同じく、まず綿密な問診と脈診によりその原因を探り、生活習慣病などの既往症がある場合はその症状の治療から始めます。それに伴い体質や循環機能に問題が診られれば、その改善治療も併せて行います。鍼と灸の併用治療により循環機能を高め、冷えを癒し体質改善を図ります。

当院のスタッフは女性のみですが、今日までも多数の男性不妊症でお悩みの方を施術し効果を挙げています。

お悩みを抱え込まず、まずは当院の専門カウンセリングにお越しください。

Oriental graphic element

症状一覧

料金表

初診料3,470円、再診料(半年以上)1,750円

bg@2x.jpg

ご来院予約

<完全予約制>

現在、来院のご予約はお電話かWebサイトから承っております。
​皆様のご来院を心よりお待ちしております。

Webからのご予約

お電話からのご予約

<平日10〜20時/土日祝10〜19時