当院の施術ガイダンス

当院では初診にあたり、まず患者さんに向き合い詳細な問診を行います。自覚症状・その症状の経過・痛みの感じと程度・部位・思い当たる原因などをお伺いし、当院独自の手順で触診・脈診・聴診・舌診等の検査をさせていただきます。その上で所見・施術法をご説明し、ご質問にお応えし、ご諒承を頂き、適格な治療計画を立て、各施術にあたります。その施術法は多種に渡りますので、簡潔にご案内いたします。

当院の鍼の施術(併用低周波パルス治療)

極細のステンレス製鍼(長さ40mm~80mm、太さ0.17mm~0.33mm)を適応経穴(ツボ)に刺していきます。この際、細い円筒形の金属製またはプラスチック製の管を鍼のガイドとして刺入します。この間、殆ど無痛で患者さんに鍼を刺されているという実感はありません。


症状に従い、刺した鍼は運動刺激施術(上下回旋・振動)後に直ぐ抜鍼する施術法と、経絡の伝達周期により数分間放置する施術法があります。またその疾患によっては、放置鍼に電極を繋ぎ、微弱な低周波を通電するパルス治療を併用することもあります。尚、当院では施術に用います鍼は旧来の消毒再利用(高温高圧式滅菌等)は一切行わず、全てその都度使い切・使い捨てのディスポ鍼を採用しておりますので、感染症の心配は全く有りません。

当院の灸の施術

当院では俗に「ヤイト」と呼ばれている「モグサ」を直接皮膚上の経穴に乗せて発熱させる直接灸は行っていません。直接灸は施術後、多かれ少なかれ灸跡(軽い火傷跡)が残ったり水泡が出来、人によっては化膿したりし、何時までも跡片が取れない場合があるからです。当院では主に棒灸、間接灸施術法を行っています。直接肌にあたることはありませんので、ソフトな感覚で心地よく治療を受けて頂けます。


当院の吸い玉施術(カッピング)

吸い玉とは古来中国で発祥し継承されている民間療法です。ガラス製の球状の器を真空状態にして経絡や幹部により皮膚に吸着させ、刺激を与えることによって、血液の循環をはかり、血行をよくします。体内組織の改善により筋肉のコリなどをほぐし、美容・痩身にも効果を発揮します。最近ではカッピングと称しエステサロンなどでも使用されダイエットや美容にも効果!と謳われ若い女性を中心に人気があるようですが、正規の鍼灸施術者の手技により正しく施術されることをお勧めします。


当院のカッサ施術

自然療法カッサ(刮痧)とは中国伝統医術の自然療法のひとつです。 

カッサ療法は特に鍼灸治療が苦手な方にお勧めの療法で、不調の改善に即効性・持続性を発揮します。当院のカッサ施術に使用するのは天然素材のヘラ(翡翠、玉、水牛の角など)で様々な様態・様式があります。


ヘラで経絡、経穴(つぼ)を刺激することにより、体内に滞った老廃物を排出し、気血の流れを通すことによって、人に本来備わっている自然治癒力を高めることができるのです。 また、当院のカッサ療法は中医学理論に基づき研究開発された”漢方アロマオイル”を併用することにより、老廃物の排出(デトックス)と内臓機能の活性化の2つの効果が期待でき、疾病予防、健康維持、さらに美容効果の効能も認められています。