一心堂頭鍼療法

頭鍼療法とは

頭鍼療法は知覚・随意運動・思考・推理・記憶など脳の高次機能を司る大脳皮質の機能分布に、中医学の長年の研究と臨床経験に基づいた適応症を対応させて定めた治療区を頭皮上に置き換え、この定位区に鍼を施し頭蓋骨上の帽状腱膜の必要な位置で留め置き微弱電流を通電する療法です。当院ではこの中医学の理論と現代医学の大脳皮質病理臨床研究に基づいた独自の頭鍼治療を実践し、成果を上げています。頭に鍼を刺すと言えば、少し恐怖感があるかも知れませんが、頭皮下に鍼を打ち無感低周波電流で癒す療法ですので、痛みは殆ど感じません。


大脳皮質の機能分布と頭鍼療法定位区分類の対比

 

頭鍼定位区分布図



1.運動区

脳血管障害後遺症・顔面麻痺・三叉神経痛など


2.感覚区

めまい・耳鳴・腰足の痛み、痺 れ・偏頭痛・関節炎など


3.舞踏震顫抑制区

パーキンソン病など


4.血管緩縮区

高血圧症・動脈硬化症など


5.暈聴区

眩暈・難聴・メニエル病など


6.言語二区

失語症(運動性)


7.言語三区

失語症(感覚性)


8.運用区

失行症

9.足運感覚区

夜尿症・子宮脱垂・麻痺


10.視区

各種視力障害・網膜症・内耳眩暈


11.平衡区

平衡生涯・眩暈


12.胃区

腹部疼痛・胃痛・食欲不振


13.肝区

肝臓疾患・胆嚢疾患など


14.胸腔肺区

狭心症・気管支炎・喘息


15.心区

狭心症・胸部疼痛


16.生殖区

子宮出血・生理不順・ED


頭鍼定位区分布適応症概説

【脳に関わる疾病】

脳溢血・脳梗塞・脳血栓・くも膜下出血などの予防と後遺症の改善治療

 

【脳の外傷の治療】

事故などによる脳挫傷・頭蓋陥没・頭部障害の後遺症の軽減治療

 

【様々な難病の治療】

難聴・各種免疫障害症・各種内分泌系疾病・泌尿器系疾病・ED治療など




上記以外の様々な慢性病・難病で難渋されておられる方も今一度当院にご相談下さい。カウウセリングで発症の経緯・症状・現治療状況など充分問診し、その際、適応・治療法を詳しくご説明させて頂きますので、安心して受診下さい。